アラフォー女性に、素敵な男性と出会って

幸せになってほしいな…

そんな思いで私はこのブログをやっています。

 

アラフォーだけじゃなくて、もう少し若い世代の女性や

アラフィフの女性、時には男性からも(笑)

 

メッセージをもらうようになって、

嬉しく思っています。

 

そんな中で、既婚なのにお相手を探す女性

既婚者男性とお付き合いもOKの女性から

相談メールを貰うことがあるんですね…

 

 

私は自分が奥さんだった時、

元ダンナの浮気疑惑に苦しんだことがあります。

 

そして、ダンナさんのことを大好きで、

信じていたのに…

 

裏切られて傷つき、死の深淵を覗こうとした

友達もいます。

 

自分に関わりのない人が、不倫しようが浮気しようが

関係ないし知らんわ!と思うけど…

 

このブログに来てくれて、

少しでもご縁があった人には

深みにハマる前に引き返して欲しいなって思う。

 

そんな思いを込めて、

私の大切な親友の話を

書こうと思います。

 

 

 

私の親友のかなちゃん…

大学生の時からの大親友です。

元旦那よりも私の方が付き合い長いもん!(笑)

 

私が地元を離れて、関東に引っ越した後は

直接会うことは少なくなっていたけど…

 

それでも、頻繁に電話でおしゃべりして

ずっと仲良くしてました。

 

 

かなちゃんのダンナさんの浮気が発覚したきっかけは

当時3歳の坊やがダンナさんの古いケータイで

遊んでいたことでした。

 

画面に、ダンナさんと見知らぬ女性の

仲睦まじいツーショット写真

たまたま出てきたんです…

 

それを坊やが「ママ、パパが写ってるねー」

かなちゃんに見せてくれたんです。

 

いろんなところで撮った写真が有りました。

旅館でくつろぐ写真とか、

観光地ではしゃいでるのとか。

 

 

わたし、このパターンの発覚を聞いたの

初めてじゃないんですよ。

どうも男性って、そういうところ迂闊ですよね(^_^;)

 

憎めないとも言えるけど、

上手くやれないならやるなー(#^ω^)

(あ、上手くやればいいと推奨してるつもりはありません)

 

彼女はほどなく帰宅してきたダンナさんに

半狂乱になって問い詰めました。

 

相手の女性はかなちゃんよりも2つ年上のCAで

出張の時に乗った飛行機で知り合い、

名刺を交換した

 

その後、相手の女性から連絡があり

デートしているうちに深い仲になった

 

最初は、結婚して忘れていたときめきみたいなものを

もう一度味わいたい、

というちょっと軽い気持ちだった

 

でも、彼女と何度もデートして、

いろいろ知っていくうちに

強く惹かれるようになってしまった

 

慰謝料も養育費もきちんと払ってでも

離婚したい

 

 

・・・そして、その後彼女と一緒になりたい

と考えている

 

 

ダンナさんはかなちゃんとは対象的に

淡々と話したそうです。

 

相手からも「奥さんと離婚して私と結婚して」

と言われていると。

 

 

かなちゃんは、極度のファザコンなんです。

 

お父さん子だった彼女ですが、遊び人だったお父さんは

気がついたら愛人のところに入り浸るようになり…。

 

彼女が大学生の時、

お父さんとお母さんは離婚されました。

 

かなちゃん、お父さんの喪失感が

すごくあったみたいで。

 

だからダンナさんも彼女を包み込むような

包容力があるタイプの人で、

彼女は夢中でしたね(^^)

 

 

かなちゃんのダンナさんは、

確か年齢はかなちゃんの一つ上ぐらいだけど

 

落ち着いてる人だなって

会うたびに思ってました。

 

 

 

…実は私は、ちょっと変だなと

思っていたんです。(^_^;)

いや、何となくですけどね…

 

彼女は土日に私に電話をかけてくることが

ほとんどなんですが、

「今ダンナさん出張でいないんだー」

ってことが多くて。

 

土日に出張が重なることって、

そんなに無いですよね?

海外出張ならわかるんですけど、国内ですし。

 

ま、それだけで

「ダンナさん浮気してるんじゃない?」

なんて疑惑を持たせるのもなんだかね…(^_^;)

 

彼女は1片のくもりもなく、ダンナさんのことを

信じていたと思います。

 

後から思えば、彼女が気分を害するのを覚悟で

私の気がかりを

話せばよかったのかもしれません。

 

 

もし、離婚を考えるほど浮気相手と

深い仲になる前に気付いていれば…

 

また状況も変わっていたかもしれない。

今更、なんですけどね・・・。

 

 

 

彼女は、それからうつ病になってしまい、

自殺未遂を繰り返すようになりました。

 

精神科で貰った薬をいっぺんに沢山飲んで意識を失い

救急車で搬送されて胃洗浄受けたり。

 

冬の山に独りで行って凍死寸前になったり

手首を切ったり…

 

国道のど真ん中で寝転がったり。

もう、後から聞いてゾーッとしましたよ。

 

最初は「離婚したい」と

言っていたダンナさんでしたが・・・

 

そんな彼女の様子を見て、離婚は思いとどまり、

不倫相手とも結局別れたようでした。

 

 

 

それでも、かなちゃんの心の傷は癒えることはなく。

自殺未遂は続きました。

 

私は遠く離れたところにいて、

彼女のところに行ってあげられなかった。

 

本当なら、近くに行って

抱きしめて話を聞きたかった。

 

でも、小さい子供が二人いる状態では

身動きがとれませんでした。

 

 

いつでも話を聞くことだけは厭いませんでした。

 

決して否定もお説教もせず、

「辛いね」「そうなんだね」と

寄り添うことだけを考えました。

 

 

ほどなく彼女は毎晩、ふらふらと夜遊びに

出かけるようになったようでした。

 

ダンナさまにあてつけるかのように

毎回違う男性と出かけて行っては朝帰りを繰り返す。

 

もちろん、相手は出会い系で探した

ワンナイトな人ばかり。

 

「相手がどんな人か分からないし、怖い目に遭うかも

しれないよ。かなちゃんが心配だよ…」

と私はたまらず言いました。

 

でも、病気のせいなのか、薬のせいなのか

ショックのせいなのか…

 

彼女は自分のことを大切にできない状態

になっていました。

 

 

 

もちろん家事も育児もかなちゃんは一切放置です。

ダンナさんは2歳の坊やのお世話をしながら

お仕事にも行って…

 

もちろん、彼の自業自得なんですけどね・・・

 

かなちゃんは、結局外に彼氏ができて

(出会い系の人ではありません)

家を出て一人暮らしを始めました。

 

そこから、家には「妻」としては

帰ったことはありません。

 

 

未だに籍は入っていますし、

一人暮らしの家賃は

ダンナさんがずっと払っていてくれるそうです。

 

時が経ち、今では息子さんももう高3。

 

受験生のサポートをダンナさんにお願いされて

張り切って手料理を作って応援している

かなちゃんがいます。

 

 

今だけ限定で、親子三人で生活しているそうです。

でも、「息子の両親としての二人」であって

夫婦として元に戻ることは二度と無い、と言います。

 

 

 

ダンナさんの浮気が無かったら、こんなことには

なっていなかったでしょうね。

 

ダンナさんもそれ相応の罰を

受けたことになるのでしょうか…

 

 

私は既婚男性が奥さんと別れて

浮気相手と再婚するなんて結末は

ほとんど期待できないと思うんですね。

 

もしかしたら、そういう人は日陰の身なので

ひっそりと隠れているから

見つけづらいだけなのかもしれませんが。

 

 

 

道ならぬ恋の味はたまらないのかも

しれません…

 

でも、代償は浮気・不倫した本人たちだけが

払うのではない、と覚えていてほしいと思います。

 

その家族だって、

全員何らかの形で深手を負います。

 

そんなクリティカルリスク・ノーリターンな関係なんて

すすんで拾うもんじゃありませんよ(^_^;)

 

幸せな末路がないと分かっていることには

最初から近づかないのが一番です。

 

「出会ったのが遅かっただけ」なんじゃなくて、

もう限定一名様の締切はとうに終わってますからね?!

 

 

一時の快楽を何よりも優先するなんて、

動物が盛ってる(さかってる)のと同じです。

 

そりゃ、人間だって動物の一種ですが、社会性を

忘れないで欲しいと思いますね。

 

 

「恋愛弱者」アラフォーシングルマザーの人生が・・・恋愛で変わった!


このブログの運営者のまなです。

私は30代で離婚→シングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。

元旦那はS級モラハラ男で離婚してからは男性不信の塊

「息子たちの成長だけが私の生きがい」状態に・・・(^_^;)



そんな私が今ではイケメン超年下彼氏もできて仕事もうまくいき

毎日が楽しくて幸せすぎて怖いぐらい(*´ω`*)



なんで普通のアラフォーシングルマザーの私が

こんなに変わることができたのでしょうか?


  【アラフォー再恋愛作戦 episode0】 ーもう恋愛なんて二度としないよー を読んでみる  

1週間で理想の彼氏候補を見つける!恋愛講座