marcisim / Pixabay

子どもたちがまだ小さかった頃・・・

どこに行くにも私は用心、というか心づもりしていました。

傷つくかもしれないという、心の準備。

 

 

 

 

 

だって・・・私達が行こうとするところには、

大体いるんですよ(^_^;)

楽しそうに遊ぶパパママと子供たち

 

 

 

 

 

いや、いいんですよー知らない人でも優しいパパを見るのは

和みますから。

 

 

 

でもね、「なんでうちはこんな風になっちゃったんだろう」って

必ず元ダンナと比較しちゃって、落ち込んじゃうんですよね。

 

 

 

 

 

親子3人でアスレチックコースにバスに乗って出かけたら・・・

 

運転手さんに声かけられて

「今日はパパは一緒じゃないの?」

大きなお世話じゃ!(#^ω^)

 

 

 

 

 

まぁ、その運転手さんには他意は無くて、

単なる世間話なんだってわかってる。

 

 

 

 

 

「この人シングルマザーなのかもしれない」って考えは、

全然思いつかない人生を過ごしてる方なんでしょう・・・。

 

 

 

 

 

他にも、たまたまバスで乗り合わせた老婦人にも

「パパも来れたら良かったね」って言われたり。

 

 

そうですね~!優しくて素敵なパパになってくれる人

知りませんか?ってこっちが聞きたかったわ(笑)

 

 

 

 

 

 

だから、休みの日はあんまりレジャー地みたいなところには

行かなかったな(^_^;)

 

 

 

 

 

 

普段はそんなに意識していない「シングルマザー」だってことを

意識してしまうから。

 

シングルマザーと子どもとの関係性が変化する時…こんなはずじゃなかった(^_^;)

 

子どもが大きくなると、親と過ごす時間が

どんどん短くなってきます。

 

ご飯食べ終わったら子どもらは自分の部屋に戻って

出てこないしね(^_^;)

 

 

 

 

 

子どもがいるんだから、お金も時間も子供優先に考えるべき!

っていうガチガチの良妻賢母目指してた(笑)

私は困惑しました。

 

 

 

 

 

 

ひっついていったらウザがられるし、でも心の大部分を子どもたちが

占めていた私は、どうしたらいいか分からなくて。

プレ空の巣症候群という感じ?

 

 

 

 

 

 

もちろん、いろんなイベントに参加したり、

友達に勧められた趣味をやってみたりしましたよー。

それなりに楽しくて充実はします。

 

 

 

 

 

でも、それって、「暇つぶし」にはなるけど

「寂しさを埋める」ことはできないんですよね。

 

 

 

 

 

 

それでも、寂しいって絶対に言いたくない。

当時は意地になっているところがあったかもしれない。

 

 

 

 

 

 

周りの誰にも弱みを見せたくない、というか・・・

シングルマザーのみなさんならわかってもらえるかなぁ、

上手く言えないけど。

 

 

 

 

でも・・・

寂しいって、要するに人恋しいってことですよね。

人恋しいと思うことって悪いことじゃないのにね。

 

 

 

シングルマザーが恋愛したらいけないの?

 

なんで、寂しいという言葉に抗ってしまうのか…

その理由は、私達の倫理観というか社会通念にあると思います。

 

 

 

 

 

子どもたちがいるのに、恋愛したいとか彼氏欲しいなんて、

それでも母親?

みたいな厳しい意見、知恵袋とかでよく見かけますね。あれです。

 

 

 

 

子どもがいる女性が恋愛をすることに対する、社会の不寛容さ

私達自身も身にしみて分かっているからです。

これが、シングルファーザーなら、また違うんでしょうけど・・・

 

 

 

 

 

私は、そういう意見は「偏った正論」だと思います。

子どもの気持ちを代弁しているわけではなく…

決して間違ってはいないけれど、唯一の正解ではない。

 

 

 

 

 

母親になったら、自分の人生は子どもが独り立ちするまでは

すべて捧げろってこと?

誰にそんなことを強制する権利があるんでしょう?(#^ω^)

 

 

 

 

 

そりゃ、子どもたちを傷つけるのは絶対にNGですよ。

でもそれさえ気をつけていればシングルマザーの恋愛、

全然アリだと思うんです。

 

 

 

 

というか、むしろ恋愛した方がいいんじゃないかなって

思います!(笑)

 

シングルマザーって、お母さんの時お仕事してる時

2パターンが多いですよね。

 

 

 

 

 

そこに、恋人といる時、という別の顔もあれば・・・

絶対人生がもっと楽しくなるから。

 

 

きれいでイキイキしているママなら、

子どもだって絶対に嬉しいから。

 

 

 

 

 

人を好きになるって、すごいエネルギーが湧いてくるんです。

それは、一度は結婚するほど好きだった人がいた

シンママさんなら分かるはず。

 

 

 

 

自分の人生をシングルで育てていくという決意を持って

立派に進んでいるんですから、

胸を張って!自分が幸せになれる人生を過ごしましょう。

 

 

 

 

 

周りで口出ししてくる人のことなんて、気にしなくていい。

そんな人達が、私達の人生に責任を取ってくれませんからね。

お母さんも子どもも両方がハッピーになれる方法が絶対あるから。

 

 

 

 

 

思うように会えなかったり、いろいろと子持ちゆえの悩みは出てきますが

それもまた、恋愛のスパイスとして楽しめる関係になればいいですよね。

 

 

 

 

子どもがいることを疎ましく思う人、

子どもを優先することをよく思わない人は

絶対に選ばないでくださいねー。そこだけがキモです。

 

 

 

 

 

以前この記事この記事でも書きましたが、

案外シングルマザーって人気あるんですよ。

 

 

 

 

 

出会いを見つけたくなった時が出会うチャンスです。

ぜひ、自分からチャンスの神様の前髪を

掴みに行っちゃってください!(笑)

 

アラフォー女性が出会いを見つける超現実的な方法

参考にしてみてくださいませー(^^)

 

 

------------------------------------------------------------------------

30過ぎて離婚してシングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。
離婚するのにとても苦労し、離婚後何年も男性不信でした。




「ずっと一人で生きていく!」



と決めていた私が、ひょんなことからネットで出会いを探して
そして素敵な彼と出会って・・・




このブログでは私と同じような、出会いを見つけるのがなかなか難しいアラフォー女性に向けて・・・
素敵な男性と出会い幸せになるための方法を発信しています。




一人でも多くのアラフォー独身女性に幸せをシェアしたい!(^^)




40代でバツイチ子持ちの「恋愛弱者」の私が
どのようにして彼氏を作ったのか?
「アラフォー女性の出会い方」を教えます!