前回に引き続き、PCMAXで出会った彼と

結婚も視野に入れてお付き合いしている

なつみさんのお話。

 

 

 

好みじゃなかった彼のことが、なんだか気になる存在に…

 

何度もいいますけど、ほんとタカヒロさん(39歳)は

私の好みのタイプじゃないんです。

 

 

 

 

 

 

私、自分はそんなに背が高くはないんだけど(155センチ)

そのせいか背の高い人が大好物で。

 

 

 

 

 

自分にないものへのあこがれってやつ?

ないものねだりだね…(^_^;)

 

 

 

 

 

 

高校・大学の時の彼氏も180以上あったし、

元ダンナとは20センチ違いました。

 

 

 

 

 

まぁ、そのせいで威圧感はあったし

DVが余計に怖く感じたんですけどね…

 

 

 

 

 

 

タカヒロさんは、多分サイトでは167センチって

書いてたような。

もちろん、私の身長からしたら、それでもかなり高いんですけど。

 

 

 

 

 

 

私はグイグイ引っ張ってくれるタイプの男性が

好きなんだけど

タカヒロさんはそういうタイプじゃない。

 

 

 

 

いつでも、私に「なっちゃんはどうしたい?(^^)」

って聞いてくれる感じ。

 

 

 

 

 

 

会った当初は、優しすぎてピンとこないように思えたんだけど、

何度か会っているうちに、それがいいなって思えてきて。

 

 

 

 

 

 

今までの彼氏候補は、どこか緊張感があるというか

余裕が無かったというか…

 

 

 

 

 

 

 

自分のタイプの人だと、「付き合いたい」

っていう気持ちが

大きくなりすぎるんでしょうね。

 

 

 

 

 

 

 

タカヒロさんの場合は、自分の好みとは外れてたことが

(受け付けないとか、そんなんじゃないですよ(笑))

功を奏したというか。

 

 

 

 

 

 

一緒にいる時に全然緊張しないし、

すごく自然体でいられたんです。

 

 

ドライブデートは花摘み園まで・・・

 

何度かご飯デートをした後で、タカヒロさんが

「なっちゃん、どっか行ってみたい所ある?」

って聞いてくれました。

 

 

 

 

 

 

私が好きなお花の花摘み園をやっているところがあって、

行ってみたいなーって行ったら

 

「じゃあ、ちょっと時間かかるけど車のほうが

便利だからドライブしようか」って。

 

 

 

 

 

 

私はあんまり乗り物が得意じゃないんですが、

タカヒロさんの運転はとっても上手で、ずっと喋ってるうちに

目的地に到着(笑)全然乗り物酔いはしませんでした。

 

 

 

 

 

 

 

お花の中で写真を撮ったりしていると、近くのカップルが

声をかけてきました。

「あの~すみません!良かったら撮っていただけませんか」

「後でこっちも撮りますんでお願いします」

 

 

 

 

 

 

私達、まだカップルというわけじゃないんだけど(^_^;)

でも、二人で撮ってもらいましたよ。

なんか、ちょっと意識しちゃったなー(笑)

 

 

 

 

 

 

帰り道、「道の駅」に少し寄って買い物したり、

地元の名物を少し食べたりして車に乗り込みました。

 

 

 

 

 

 

タカヒロさんが、何か包みを私にくれます。

「息子さんと、お母さんに。

なっちゃんからって言って渡してね」

 

 

 

 

 

 

ええー?自分のお土産選んでるだけだと

思ったらうちの家族にだったの?

 

 

 

 

 

なんかね、自分に優しくされるよりも

グッとくるんですよね…(*´∀`*)

こういうの、反則だわー。

 

私のこと、どう思ってるの?自分の気持に気付いたら不安になってきた

 

花摘み園へ行った後ぐらいから、

私ははっきりと分かりました。

「タカヒロさんのことが好きになっちゃった」

 

 

 

 

 

 

でもね・・・モヤモヤしてたんですよ。

彼がジェントルマン過ぎるから!!(笑)

 

 

 

 

私もいい大人だから、結婚する前に

一応恋愛経験もそこそこあります。

 

 

 

 

 

 

 

経験上、男の人って自分が気に入った女性には

すごく積極的になるもんだと思ってて。

 

 

 

 

 

 

でも、タカヒロさんは、ご飯食べに行っても

ドライブに行っても

手も握らないし、触れようともしないんです。

 

 

 

 

 

 

私に女性としての魅力が足りないの?

それとも、ずっとこんな感じで

友達で引っ張ろうと思ってる?

 

 

 

 

 

 

あ、もしかしてそういう雰囲気が無さすぎて

クリーンすぎるのがアカンのか??

 

 

 

 

 

 

いろいろ考えて、私は賭けに出ることにしました(笑)

そういうムードに自分から持っていこう!!( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

それでもなんにも反応がなくて、

タカヒロさんが私のことを「友達でいい」

と思ってるなら、それでもいいかなって。

 

 

 

 

 

 

「〇〇山からの夜景がいいらしいよー。

今度見に行きたいなぁ」

そこは、カップルだらけで有名なところです。

 

 

 

 

 

 

 

「いいね、今度はそこ行こうか!」

速攻でタカヒロさんはOKしてくれました。

 

やっぱり、背中は女性が押さないとだめなのか?(笑)夜景の力を借りて成功!

 

タカヒロさんと夜景デート当日。

もちろん私は勝負下着です(笑)

 

 

 

 

 

 

夜景を見に行く前に雰囲気のいいレストランで

ご飯を食べて、私だけワインを結構飲んじゃった(笑)

 

 

 

 

 

あ、タカヒロさんは運転手だから無理でかわいそうって

思いましたか?

実は彼、お酒飲めないんです( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

私もそんなに強くはないんですけど、

ちょっと酔ってるぐらいのほうが

大胆になれる気がして飲んじゃった。

 

 

 

 

 

夜景を見に行くとやっぱりカップルがいっぱい!

皆ぴったり寄り添ってます。キスしてる人たちも…

 

 

 

 

 

 

「酔いが冷めたら急に肌寒くなってきたー!」

わざとタカヒロさんに寄り添ってみましたが、

彼は笑っているだけ(^_^;)

 

 

 

 

 

うーん、あまりにもベタな作戦だったから

失敗したか・・・(´・ω・`)

 

 

 

 

 

山の上の方って、結構寒いですよね。

薄着だったので、ひとしきり観たら

寒くなっちゃって戻りました。

 

 

 

 

 

 

車に戻ったけど、タカヒロさんが

エンジンをかけようとしません。

 

 

 

 

 

 

「ちょっと話そうか(^^)」って言われて

そこでおしゃべりしました。

 

 

 

 

 

いつもと同じ感じで話していたんだけど…

突然、タカヒロさんが真剣な面持ちで話し始めました。

 

 

 

 

 

 

「なっちゃんのこと、初めて会った時から

ずっと好き。彼女になって欲しいって思ってる。

なっちゃんは…俺のこと好き?」

 

 

 

 

 

 

キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

タカヒロさん、やっと言ってくれたね(笑)

 

 

 

 

 

 

もちろん、「私もタカヒロさんのこと好きだよ」

って伝えましたよ。

すごく喜んで、抱きしめられました。

 

 

 

 

 

このまま、ホテルへ?!って前のめりな私は

期待したんですが…

優しくキスされただけで、家の近くまで送ってくれました。

 

 

 

 

 

 

ま、今日彼女になったばかりなんだからねー。

そんな急展開じゃなくていいよね(笑)

 

 

 

 

 

 

そんな風に思った私でしたが・・・

そこからも、実はモヤモヤは続いたのです。

------------------------------------------------------------------------

30過ぎて離婚してシングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。
離婚するのにとても苦労し、離婚後何年も男性不信でした。




「ずっと一人で生きていく!」



と決めていた私が、ひょんなことからネットで出会いを探して
そして素敵な彼と出会って・・・




このブログでは私と同じような、出会いを見つけるのがなかなか難しいアラフォー女性に向けて・・・
素敵な男性と出会い幸せになるための方法を発信しています。




一人でも多くのアラフォー独身女性に幸せをシェアしたい!(^^)




40代でバツイチ子持ちの「恋愛弱者」の私が
どのようにして彼氏を作ったのか?
「アラフォー女性の出会い方」を教えます!