PublicDomainPictures / Pixabay

 

アメーバニュース

「年収2000万の夫を持つ妻の代償」

ってやつを読みました。

 

 

 

 

私の元ダンナも年収2000万はいかないけど

30代前半で1000万は超えてました。

今はそのぐらいになってるんじゃないかな。

 

 

 

 

 

金融関係だったので、会社の福利厚生も充実。

家賃1万以下の社宅(3LDK)住まい。

駐車場代も1台は無料でした。

 

 

 

 

 

だから、生活費はすごく少なくて済みました。

さらに、社内の利回り有利な預金もあったり…

恵まれていたと思います。

 

 

 

 

 

 

でもね・・・

元ダンナはすごいケチで、

金銭感覚がおかしい人でした。

 

 

 

 

 

自分が欲しいものを買うとか、

自分がやりたいことがあれば

バンバンお金出しますよ。

 

 

 

 

 

腕時計が好きで、高級腕時計を買ってきては

コレクションしたり。(自分へのご褒美だそうです)

 

 

 

 

 

ゴルフショップに上司と行って、

オススメされたセットを買ってきちゃったり…。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は生活費を月々渡されて、

それでやりくりするように言われ

他の収入はすべて元ダンナが管理してました。

 

 

 

 

 

 

1円も稼いでないお前に何の権利もないわ!と言われ

生活費足りなくなってもプレゼンしないと出してもらえない。

(最初から足りない額で渡されています…)

 

そんな窮屈な生活でした。

 

 

 

 

 

それでいて、「家事は完璧にやれ、

専業主婦なんだから当たり前」とダメ出し。

機嫌が悪いとサンドバッグ扱いされ・・・

 

 

 

 

 

「奥さん」って、実は国家的奴隷制度なんじゃないか

って体感的には思ってた。

 

 

 

 

 

 

今の私は、彼の年収の5分の一にもならないけど

あの頃よりも感覚としては豊かに感じてますね。

 

 

 

 

 

 

あ、外側から見ればそんな風に見えてませんよ。

元だんなはとにかく休みの日に家族全員で

外に出かけるのが好きだったので…

 

 

 

 

 

よく、「まなさんちは、毎週家族で仲良くお出かけしてて

うらやましいわー」って言われてましたもん。

 

 

 

 

それから、サイコパシー傾向もありました。

 

弁護士にも、

「あなたのだんなさん、ベンチャー企業の社長に

よくいるタイプの人ですよね。

自分の損得のためならバッサリ斬る、みたいな」

って言われました。

 

 

 

 

 

 

人の上に立つ、ということは

その人に対して責任をもつと同時に

マウントを取れるということでもあります。

 

 

 

 

 

マウントを取ることに重心が傾けば、

元だんなみたいな

人間になるのかなって思います。

 

 

 

 

 

そして、高収入の男性に

やっぱりサイコパシー傾向の人が

多いのは事実だと思う。

 

成功するのに必要な傾向なのかもしれません。

 

 

 

 

 

 

もちろん多いというだけで、超甘々なだんなさんも

いますけど。

 

 

 

 

 

奥さんに月の小遣い30万だか40万

渡して(生活費じゃないですよ)

 

奥さんがそれで足りないって言ったら

(足りないんかい(-_-;))…

 

 

 

 

 

 

「しょうがないなー」って追加で出してくれる

だんなさんの話聞いたことあります(笑)

 

 

 

 

 

 

 

確かに元だんなは出世してるし、年収も高い人ですが

あんな人間だと分かってたら結婚してません…

 

 

 

 

 

じゃ、なんで結婚しちゃったのかって?

そりゃー結婚する前はわからなかったからですよ。

 

 

 

 

 

 

お付き合いしている段階では

そういう傾向って感じないんですよ。

 

 

 

 

 

相手もそういうところ出さないように

してるんでしょう。

 

 

 

 

 

というか、内向き(家族に対して)と外面は違う、

ということですね。

 

 

 

 

 

だから、奥さんになった途端に女性は内側の人間として

認識されて、扱いが激変する。

 

 

 

 

 

「釣った魚にエサはやらないでこき使う」

て感じ?

 

 

 

 

うちの元だんなも、デートの時に

私がお金を出すことはほとんど無かったです。

 

 

 

 

 

プレゼントも良い物を結構貰ったし…

あ、ほとんど売っぱらいましたけど(笑)

 

 

 

 

 

 

 

この人、男気ある人だなぁ、ケチケチしてなくて

いいなぁって単純に思ってました。

 

 

 

 

 

 

今思い返しても・・・全然「ケチ」&

「サイコパシー傾向」について

見破れた気がしない。

 

 

 

 

 

 

あ、でも一つだけ、すごく違和感が有ったことを

思い出しました。

 

 

 

 

彼の、両親に対する発言がすごく冷たかったんです。

見下しているというか…

 

 

 

 

 

元だんなのご両親は、集団就職で大阪に出てきました。

だから、学も無ければお金もない。

とても苦労してきた方たちだと想像できます。

 

 

 

 

 

 

そんなご両親を、元ダンナは蔑んでいるように見えました。

自分の親なのに、そんな態度を取るなんて…

 

 

 

 

 

 

 

自分が高給取りになってから更に態度が悪くなりました。

思春期だったらまだ親に反発するって分かりますけど、

いい大人ですからね。

 

 

 

 

 

 

家族と仲が良いのか、どんな関係なのかって

外面の自分じゃない本音が透けて見えると思うんです。

 

 

 

 

 

だから、家族の話を男性が話すのを聞いていて

「仲いいんだな」「親思いの優しい人だなぁ」

って思える人は安心かなと思います。

 

 

 

 

 

 

あなたが出会った男性が、まぁまぁ高収入な人だったら…

それを喜んでる場合じゃないかも、ですよ。

 

 

 

 

 

それ以前に出会い自体がないわ!ってあなたは…

 

「アラフォー女性が出会いを見つける超現実的な方法」

一歩を踏み出そう(^^)

今までの私のいろんな経験から、

アラフォー女性の出会い指南書を まとめてみました。

きっとお役に立ちますよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

------------------------------------------------------------------------

30過ぎて離婚してシングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。
離婚するのにとても苦労し、離婚後何年も男性不信でした。




「ずっと一人で生きていく!」



と決めていた私が、ひょんなことからネットで出会いを探して
そして素敵な彼と出会って・・・




このブログでは私と同じような、出会いを見つけるのがなかなか難しいアラフォー女性に向けて・・・
素敵な男性と出会い幸せになるための方法を発信しています。




一人でも多くのアラフォー独身女性に幸せをシェアしたい!(^^)




40代でバツイチ子持ちの「恋愛弱者」の私が
どのようにして彼氏を作ったのか?
「アラフォー女性の出会い方」を教えます!