あるブログに、「男なんて程度は違うけど皆モラハラだよ」

みたいな記事がありました。

 

 

 

 

 

残念ながら、私もそうかなって思います(^_^;)

モラハラ気質って、「男らしさ(みたいなの)」と

似てるところがある気がするんです。

 

 

 

 

 

私が結婚していた時に、モラ夫から

事ある毎に言われていた言葉

「だれのおかげで飯が食えると思ってるんだ」

 

 

 

 

 

はい、モラハラDVの典型的ワードですね(#^ω^)

 

でも…家族を養っていくぞって気持ち自体は

頼りがいがあるし、男らしく頼もしく感じたりもします。

 

 

 

 

 

家族を養っていくことに対して、

俺がやってやってるんだ、っていうドヤった気持ちからだと

全然違ってきちゃいますよね…。

 

 

 

 

 

うちの父は昭和の男の典型でしたが、

モラ夫の上記発言を聞いて

「まなが家のことを引き受けて支えているからこそ

君は仕事に集中できるんじゃないのか?」

と言ってくれました。

 

 

 

 

 

今でもその時の父を思い出すと

涙が出そうになります。

 

 

 

 

父と母は喧嘩することもよくありましたが、

父がモラ夫のような発言をしているのを

聞いたことはありませんでした。

 

 

 

 

 

父も古い時代の人間なので、本当の奥底では

モラ夫と同じような気持ちが有ったかも

しれませんけど…

 

 

 

 

 

そうだとしても、「言ってはいけないこと」は

きちんと分かっていたと思います。

 

 

 

 

 

イケメン俳優やタレントさん、スポーツ選手

大抵「家庭的な人」を好みのタイプにあげます。

まぁ、ポーズかもしれませんけど。

 

 

 

 

 

 

 

そういう発言も、広義的にはモラハラ予備軍の

ような気がするんですよね…。

 

 

 

 

家庭的って

料理がうまい、とか家事ができるとか

子ども好きとかでしょ?

 

 

 

 

 

女性はこうあるべき、こうするのが普通

女性である私達の方も、そんな刷り込みをされています。

 

 

 

 

 

それは、何ていうか、もうその人自身の性格

というよりは社会通念みたいなもんなんですよー。

だから、ある程度はもうね、しゃーなし(-_-;)

 

 

 

 

 

ジェンダー論でも勉強しなかったら、

自分にそんなもんが刷り込まれてることにも

普通は気づかないんじゃないかな。

 

 

 

 

 

モラハラ気質、誰もが持っているとしても、

発動しなかったらいいんだと思うんです。

 

 

 

 

 

 

 

私、モラ夫と結婚しちゃって

「私、男性を選ぶ目がないのかも」

めっちゃ自信なくしてました。

 

 

 

 

 

でも、今は判断できる自信があります。

今の彼氏に出会って自分が

どういう人を選べばいいのか良くわかったから。

 

 

 

 

 

 

 

以前の私は…

「ピカチュウを描いてください」って言われて

 

 

ぼんやりとは思い浮かぶけど描けないのと同じような感じ

だったわけですよー(笑)

 

 

 

 

 

自分にとっての「正解例」が見えなかった時は、

探しづらかったというか、

確信が持てなかったんですよね…

 

 

 

 

 

 

結論…私、男の人が怒っているのが怖いんです。

自分に対してじゃなくても、怖くてすごく嫌な気持ちになるんです。

これは、完全にモラ夫といた時の後遺症です。

 

 

 

 

 

怒られるんじゃないか、怒らせるんじゃないか

って思ったら

自分が言いたいことがあっても言えなくなってました。

 

 

 

 

 

そういう不穏な雰囲気自体が

既に怖かったというかね…。

 

 

 

 

 

 

 

 

今の彼は、とっても気が長い人です。

怒っているところを見たことがありませんし、

自分でも「最近いつ怒ったか思い出せない」

って言ってます(笑)

 

 

 

 

 

 

 

そんな彼だから、いつも安心して一緒にいられる。

彼に出会うまでに妥協しなくてよかったなぁ

って今は思います。

 

 

 

 

 

 

男の人は体つきも大きいし、声も低いし力も強い。

その存在だけで、女性にとっては一種の威圧感

あると思うんです。

 

だからこそ、穏やかな人がいいなって私は思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先日、職場で宴会が開かれた時の話をします。

お酒や食事をカフェテリアに用意して、

ビュッフェスタイルだったんですけど・・・

 

やっぱり後片付けは女性が残ってやっていました。

 

 

 

 

 

でも、それを一緒にやっていた男性社員(アラサー)

がいたんです!(*´∀`)

 

 

 

 

 

男性は皆飲んだり食べたりして満足したら、

帰っちゃって片付ける発想もなくて知らんぷり。

 

 

 

 

 

 

お店じゃなくて職場なんだから、誰かが片付けないと

そのまんまだよ?

 

 

 

 

 

 

でも彼だけが気付いて一緒にやっていて、

好印象だったわけですよ(^^)

 

 

 

 

 

その彼が、排水口をゴシゴシ磨いているところに出くわし、

「おお、そこまで掃除してるんだー。ありがとうございます!」

って声をかけたら…

 

 

 

 

 

「俺、こういうところ汚れてるの好きじゃないんですよね。

てか、職場に女性がいるのにこんなに汚れてるなんて…」

ってその場の女子にブツブツ怒ってる。

 

 

 

 

一気にトーンが下がった私。

「この給湯室もシンクも、男性も使ってるよね?

ここの職場、ほとんど男性社員ばっかりだし。

 

なんで女性だけが気がついて掃除すべきって思ってるのかな?」

…ちょっとその時の私の顔怖かったと思いますよ。

 

 

 

 

 

最初好印象だっただけに、おまえもか!(#^ω^)

って余計にがっかりしました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

男だろうが女だろうが気になった人がやればいい。

もしそれが無理なら、お掃除の外注さんに仕事として

お願いすればいいんじゃない?

 

 

 

 

 

「女性が気がついてやるべき」みたいな発想が

もうね…私には耐えられなかったです。

ホント、こういう発言何度聞いたことか。

 

 

 

 

そういうところからモラハラの芽が見えるな

って思います。

 

 

 

 

 

モラ夫も「女なのになんで気づかないんだよ」って

よく私に怒っていましたからねー(-_-;)

 

 

 

 

 

 

男性の言っていることに何の疑問も違和感もなく

「あ、気づかなかった…私がやりますね」

みたいに反省するタイプの人は、被害に遭いやすいと思う。

 

 

 

 

 

私も、オフィスで共用スペースの掃除をしたり、

たまに上司の席を片付けたりしますけど…

それは自分が「女性だから」ではないです。

 

 

 

 

 

 

自分が、きれいな方が気持ちいいから、

汚れていると気になるからであって、

それ以上の意味は無いです。

 

 

 

 

 

女性として尊重されたいとは思うけれど、

そんなところで男性に都合いい女性らしさを

振りまく気はありません。

 

 

 

 

 

逆に、目立たないように、見られてない時に

そーっとやってます(笑)

 

 

 

 

 

私の場合は前職の職業柄、つい気がついて

お世話しちゃいがちになるので

気をつけてますけどね(^_^;)

 

 

 

 

 

モラ男・ダメンズホイホイとか

絶対になりたくないからねー(笑)

 

 

 

 

 

 

婚活とか恋活とかでも、男性にとって

「都合の良い女」になってたらダメです。

 

 

 

 

 

 

その時は自分が合わせることで

うまくいくように思えても、長くは続きませんから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あれ?おかしい、何か違和感」って思った自分の感覚を

大切にしましょう!( ̄▽ ̄)

絶対にその感覚はあなたのことを助けてくれるはずだから。

------------------------------------------------------------------------

30過ぎて離婚してシングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。
離婚するのにとても苦労し、離婚後何年も男性不信でした。




「ずっと一人で生きていく!」



と決めていた私が、ひょんなことからネットで出会いを探して
そして素敵な彼と出会って・・・




このブログでは私と同じような、出会いを見つけるのがなかなか難しいアラフォー女性に向けて・・・
素敵な男性と出会い幸せになるための方法を発信しています。




一人でも多くのアラフォー独身女性に幸せをシェアしたい!(^^)




40代でバツイチ子持ちの「恋愛弱者」の私が
どのようにして彼氏を作ったのか?
「アラフォー女性の出会い方」を教えます!