実は、インフルエンザA型になって臥せってます。

 

私は予防接種しない派なんですよ。

 

 

 

 

以前、家族ぐるみで受けていたことがあったんですが…

何故か、毎年かかっちゃってたんですね。

しかも、軽くなってる感じもなくて。

 

 

 

 

結局はかかったら、お薬貰って休むことになるので

同じじゃん!と予防接種しなくなりました。

 

 

 

 

でも、今回はきつかったです…

40度近く熱が出て、久しぶりに死ぬかもって思いました。

今はやっと熱が下がってきて楽になったところです。

 

 

 

 

んで、今回は私じゃなくて、母親のインフルエンザが

きっかけでのみっちゃんとのいざこざです…(^_^;)

 

 

 

 

先日、母が熱を出したんですよ。

母から連絡があって、みっちゃんにLINEしてみたら

「クリニックにタクシーで行くから、付き添ってくるね」

と言っていたので安心していたのですが…

 

 

 

 

 

 

その後、続報でみっちゃんから

「お母さん、歩いて押し車で1人で行っちゃったー。

タクシーで行ったら、って言ったら郵便局に寄りたいからって

言ってた。思ったより元気なのかもね。

 

 

 

 

 

なんですと?!

そのちょっと前母は膝を傷めてたんですが

さらに発熱してるのに独りで歩いて20分かかる

クリニックまで行かせたと?!

 

 

 

 

 

母はインフルエンザB型と判り、おとなしく帰りは

タクシーで帰還してくれたようですが…

ありえないです。

 

 

 

 

 

みっちゃんに電話して母の様子を聞くと

「今、薬飲んで寝てるよ。食欲はあるみたい」

とのことなのでとりあえずホッとしましたが…

 

 

 

 

 

「なんで独りで行かせたりしたん?

お母さん膝も悪くしてるし、更に熱あるんだよ?

本人が1人で行けるって言ってても何があるか分からないやん」

 

 

 

 

そう言うと彼女は

「だって、私がすぐに出られなくて、

その間に独りで行くからって出て行っちゃったんだもん。

本人が行くって言ったんだから仕方ないでしょ!」

はい、逆ギレです。

 

 

 

 

 

「タクシーで行き帰りだったらどんな格好でもいいし、

お母さんにもちょっとだけ待って!って言えばいいやん。

郵便局も、代わりに行ってあげればいいし。

何か有ってから後悔しても遅いんだよ?」

 

 

 

 

…以前にも母が危険な目に遭っているのに

彼女が気づかなくてあわや大惨事・・・ということが

有ったんですが、その話をすると

 

 

 

 

 

 

「そんな、過ぎ去ったこと今更言われても

変えられるわけじゃないのに!そうやってお姉ちゃんは

いつも私のことを責めてばっかりいるんだね」

 

 

 

 

 

 

そうじゃなくて、みっちゃんが以前の経験から

何も学んでないのが

ダメなんだって言いたいんだよ!(#^ω^)

 

 

 

 

 

 

「私だって、最近よく眠れてなくて、朝も起きれないけど

できるだけがんばってやってるねんで、家のこと(涙声)」

 

 

 

 

 

あーあ…始まりました。みっちゃん絶対泣くんだよなぁ。

うんざりした私、

「あー、もう『がんばってますアピール』はいいから。

私が言いたいのは、そんなことじゃないから。」

 

 

 

 

 

「熱がある年寄りを独りで病院に行かせるのは心配なことだと

みっちゃんに気付いて欲しい。とにかく、お母さんに

何かあったらと思うと心配で仕事も手につかないから」

 

 

 

 

「私が全部悪いねん、

ごめんなさいごめんなさいごめんなさい…

(号泣)」

 

 

 

 

「そんなに大声で泣き叫んだら、

お母さんが起きてきちゃう。もう切るからね。」

…そして、やっぱりお母さんが起き出してきたようでした…。

 

 

 

 

 

その後、数時間後の夜中にみっちゃんからLINEが来ました。

「今思い返したらお姉ちゃんの言うとおりだった。

熱あるお母さんを独りで行かせたのはだめだったし、

付き添っていくのが当たり前だった。

これからは気づいて動けるように気をつけます」

 

 

 

 

 

分かってくれたのは良かったけど…

高校生の蒼也でさえ、

「ばぁちゃん1人で行かせたの?!なんで?!」

って驚いていたからねぇ…。

 

 

 

 

 

人生経験が豊富とは言えない引きこもり気味の高校生でさえ

気づくことに気づけないで、指摘されても逆ギレするって

どうなのよ?

 

 

 

 

 

もう私が悪者にされるのは慣れたからいいけどさ。

こっちも相当ストレスだよ(-_-;)

 

 

 

 

何がどう作用してみっちゃんみたいになるんだろう。

よくわからない…

 

 

 

 

 

みっちゃんは基本的には優しい子だと思うんです。

でも…自分にも甘いし、周りのことがあまり見えていない。

 

 

 

 

うつ病の人に接する時、どうしていいのかわからなくなります。

今までも、みっちゃんに約束をドタキャンされたことは数知れず。

「具合が悪かったから、起きれなかった」

 

 

 

 

そう言われると、もう何も言えなくなります。

だから、最初から期待しなくなりました。

「みっちゃんは行けるかどうかわからないから」

 

 

 

 

でもね・・・これが彼女の楽しみにしていることだと

全然ドタキャンにならないんですよね。

 

 

 

 

例えば、ライブに誘った時とか

一度もドタキャンされたこと無い。

 

 

 

 

なんかね、都合いいよなー病気の運用。

って思ってしまうんですよ。

いじわるだなぁと思うんだけども。

 

 

 

 

 

 

母に何かあって一番困るのはみっちゃんです。

今は無職、ほぼ母の年金だけで暮らしてるんですから。

 

 

 

 

私達がまだ20代ぐらいで、親もまだ元気で…

そんな時だったら今ほど不安にならないでしょうね。

 

 

 

 

 

彼女の中ではその辺で時が止まっているみたいに

なってて変わっていないんですよね。

メンタル浦島太郎状態?

 

 

 

 

そして、そのツケがいつか私のところにドッと

流れ込んできそうで怖いんです…

 

 

 

 

きょうだいなんだから、面倒見て当然。

みっちゃんなら、そう思ってそうですし…。

「恋愛弱者」アラフォーシングルマザーの人生が・・・恋愛で変わった!


このブログの運営者のまなです。

私は30代で離婚→シングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。

元旦那はS級モラハラ男で離婚してからは男性不信の塊

「息子たちの成長だけが私の生きがい」状態に・・・(^_^;)



そんな私が今ではイケメン超年下彼氏もできて仕事もうまくいき

毎日が楽しくて幸せすぎて怖いぐらい(*´ω`*)



なんで普通のアラフォーシングルマザーの私が

こんなに変わることができたのでしょうか?


  【アラフォー再恋愛作戦 episode0】 ーもう恋愛なんて二度としないよー を読んでみる  

1週間で理想の彼氏候補を見つける!恋愛講座