シングルマザーだったら、

一度は頭の中をよぎったことが有るんじゃないでしょうか。

 

 

 

 

「あーいい人と再婚できたら良いのになぁ」

 

 

 

 

 

私も、大抵の人に一度は聞かれますよ。

「再婚しようとは思わないの?」ってね。

 

 

 

 

 

彼氏がいるなら、当然考えるでしょーって感じで。

で、私が「今のところ全然そんなん考えてない!」って言うと

結構びっくりされます。(笑)

 

 

 

 

 

 

私が結婚していた時に、社宅でお隣同士だったJさんは、

私より少し若いアラフォーです。

 

 

 

 

 

Jさんは、知り合った当時、男の子(幼稚園)と

女の子(2歳)のママでした。

 

 

 

 

 

 

その時の社宅メンバーは結構仲が良くて、

よく寮長さんの家に集まって一緒に持ち寄ったご飯

食べたりしてました。

 

 

子どもたちも楽しそうにしてたなー( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

その後、Jさんはダンナさんの転勤絡みで

引っ越していってしまったんですが、

電話で時々やり取りはしていました。

 

 

 

 

 

ある日、離婚することになったと

電話で言われた時は驚きました。

ええ?あんなにダンナさんと仲良かったのに…

 

 

 

 

 

 

ダンナさんが、単身赴任になってしまい、

その赴任先で女性と不倫していたことが分かりました。

さらに、その女性は妊娠してしまっていた!そうです。

 

 

 

 

 

 

もう、びっくりしました!

子どもたちのこともかわいがっているように見えたし、

私のイメージではそんなことするような男性には見えなかった。

 

 

 

 

 

 

 

Jさんとダンナさんの間のことは、夫婦にしか分からないので

なんとも言えませんが、私もショックを受けました(-_-;)

 

 

 

 

 

 

 

思い返してみると、おかしいと思うところはたくさんあった…

でも、信じていたのに…とJさんは言っていました。

 

 

 

 

 

 

 

Jさんはもちろんダンナさんのことを許せず、

ダンナさんの希望もあって、離婚することになりました。

 

 

 

 

 

 

当時は、「実家に身を寄せるから安心」と言っていた彼女。

 

その後肝心のご実家の経済状況が厳しくなり(店舗経営)

お金に余裕がなくなりました。

 

 

 

 

 

 

自活するために必死で働き出した彼女でしたが、

電話で話すたびに言っていたのは

「誰かと再婚したい。子どもたちのパパになってくれる人が欲しい」

 

 

 

 

 

 

うちと違って、また子どもさんたちが小さいから、

パパになってくれる人がいい、頼りたいって思うのは

当然かもなーって思っていました。

 

 

 

 

 

 

そのうち、婚活した彼女は、シングルファザーと

仲良くなりました。

向こうはお子さん2人とも男の子です。

 

 

 

 

 

 

親子でデートしたりして楽しくやっているみたいで、

しばらくはのろけ話を聞いてあげていました。

 

 

 

 

 

 

 

私も、これで彼女の望みどおり再婚できたらいいなー

って思いながら。

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・彼女は結局、その男性とは会うのを止めたそうです。

親しくなっていくにつれ、違和感をだんだん感じるようになった

のが原因でした。

 

 

 

 

 

 

 

男性の方もまた、「(自分の)子どもたちのお母さんになってくれる人」

探していたんです。

 

 

 

 

 

 

じゃぁ、おあいこで良いじゃないかってちょっと思ったんですが

そんな簡単な話じゃすまされないんですよ、女性の側からすると。

 

 

 

 

 

 

子供の数が全員で4人。しかも向こうのお子さんもまだ小さいんです。

Jさんは4人のお子さんのお世話をしなければなりません。

 

 

 

 

 

お相手の方は、「専業主婦で、お家のことをやってくれる人」を

望んでいました。まぁシングルファーザーはマザーよりも

大変なことがありますもんね・・・わかります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Jさんは、そのお相手の

「以前結婚してた時のお父さんのポジションにまた戻りたい」

という気持ちが透けて見えるのにうんざりしたそうです。

 

 

 

 

 

 

日本の男性は「イクメン」とか言って

育児する男性がもてはやされるぐらいの国です。

 

 

 

 

 

 

要するに、子育てに参加しないのがデフォルト。

参加しようとしても、仕事に忙殺されてできないのが現状。

 

 

 

 

 

 

仕事をバリバリやって、家のことはママに任せたい。

そりゃ、お相手にとっては好都合です。

 

 

 

 

 

 

 

でも・・・Jさんは思ったんです。

前のダンナさんとは職場恋愛で、何年も付き合って結婚しました。

それでも、別れはやってきた。

 

 

 

 

 

 

 

今度、結婚したところで、うまくいく保証なんてどこにもない。

もし、また離婚になったらどうする?

 

 

 

 

 

 

 

今はまだ、なんとか職にありついているけど・・・

その時に私が専業主婦だったら子どもたちはどうなるの?

 

 

 

 

 

 

 

 

前回の離婚の際、専業主婦だったJさんの職探しは

本当に難航しました。

 

 

 

 

 

 

 

だから彼女は、自分の足で立って生きることの大事さ

思い知ったんです。

 

 

 

 

 

 

自分の足で立てるようにならなかったら、

子どもたちを守れない。

もし離婚したくても専業主婦で収入が無かったら、

できないかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

そして、Jさんは今は再婚自体をあきらめました。

その決断が良いのか悪いのかは私は分かりません。

私がジャッジすることはできません。

 

 

 

 

 

 

ただ、私も彼女と同じく専業主婦→離婚して

苦労してなんとか今自活できるようになった。

そんな経緯を考えると彼女の決断は理解できます。

 

 

 

 

 

 

彼女はやっぱり子どもたちのお母さんであること

を一番の優先事項に選んだんだなって、思いました。

 

 

 

 

 

 

将来的なリスクを考えると、今お相手と結婚するのは

不安が大きい、賭けのようなものだと。

 

 

 

 

 

 

今は、Jさんは職場の男性とお付き合いはしているけれど、

結婚は考えていないそうです。

 

 

 

 

 

 

結婚前提、って男性の収入に頼ることを考えるより・・・

「子どもたちを自分の力で育てる」と決意したほうが確実。

 

 

 

 

 

だって、私は、この子達の母親なんだからね。

電話口の彼女はとても明るくてふっきれてましたよ。

 

 

 

 

 

 

 

 

シングルマザーが自立することは大切なことです。

でも、気持ちは誰かに頼ったって全然いいんです( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

 

 

 

 

Jさんも私も、シングルマザーだけど優しい彼氏と

幸せに過ごしています。

 

 

 

 

 

 

頑張りすぎないで・・・

お母さんではなくただの女性でいられる時、

癒される時も大切にできたら良いですね。

 

 

 

「アラフォー女性が出会いを見つける超現実的な方法」

私たちはまだ輝ける♪

 

 

今までの私のいろんな経験から、アラフォー女性の出会い指南書を

まとめてみました。 良かったら読んでみてください。

------------------------------------------------------------------------

30過ぎて離婚してシングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。
離婚するのにとても苦労し、離婚後何年も男性不信でした。




「ずっと一人で生きていく!」



と決めていた私が、ひょんなことからネットで出会いを探して
そして素敵な彼と出会って・・・




このブログでは私と同じような、出会いを見つけるのがなかなか難しいアラフォー女性に向けて・・・
素敵な男性と出会い幸せになるための方法を発信しています。




一人でも多くのアラフォー独身女性に幸せをシェアしたい!(^^)




40代でバツイチ子持ちの「恋愛弱者」の私が
どのようにして彼氏を作ったのか?
「アラフォー女性の出会い方」を教えます!