JACLOU-DL / Pixabay

一口に「シングルマザー」って言っても・・・

 

共通しているのは、

 

子ども→いる 

ダンナさん→いない

 

ってことだけ。

子どもの年齢やお母さんの年齢はまちまちですよね。

 

 

 

 

だから、老後とか子どもが大きくなった後、とか

言われてもピンと来ない人もいると思う。

 

 

 

 

私が夫から離れて別居した時は、長男がまだ小学生で、

離婚した時でも中学生。

 

 

 

 

男性不信も強くて、とてもお相手探しをするような

気もちにはなれませんでした。

 

 

 

 

 

 

以前の投稿でも書きましたが、私はとても厳しい母親でした。

例えば、ゲームの時間は一日30分とか、テレビは1時間とか

すごく細かくルール設定をしていたり(^_^;)

 

 

 

 

今の私のグダグダぶりからは想像できないぐらい、ギッチギチに

子どもたちを管理しようとしていたんですね(-_-;)

 

 

 

 

 

まだ幼い時なら、渋々でも私の言いつけに従っていた子どもたちも、

中学生ぐらいになったら自我も強くなり、そうはいきません。

 

 

 

 

 

 

傷だらけになるほどやりあったり、電化製品を壊されたり、

それこそ子どもに刃物を向けられて、お巡りさんに来てもらったり(^_^;)

 

 

 

 

 

今なら、もっと違うやり方が有ったのに・・・って思います。

子どもは、親のことは嫌いになれません。

でも、親離れの時期っていうのはやっぱりあるんですよね。

 

 

 

 

 

私は、そこがよく分かってなくて、どんどん聞き分けが悪くなって

無茶苦茶になっていく我が子を見るのが辛かったし、

「自分がどうにかしよう」と思ってしまった。

 

 

 

 

 

親子関係に手詰まりを感じていた頃、あるきっかけで

お相手探しをしようって思いたち…

 

 

 

 

男性とお付き合いするようになって初めて

親子関係が落ち着き始めたんです。

 

 

 

 

 

私の2つの目が、一瞬も目を離さない勢いで(笑)

見つめているのは成長した彼らには窮屈だったんでしょう。

 

 

 

 

 

皮肉なことに・・・私が自分自身の幸せに目を向けるように

なって初めて、彼らも自由になれた、ってことです。

 

 

 

 

 

離婚したことにはほんとに1ミリも後悔はないけど、

親としての私にはいっぱい後悔があります(´;ω;`)

ほんと、ごめんよー(T_T)

 

 

 

 

 

今更言うことでも無いんですけど、子どもは成長するんです。

そして、いつか親から離れて自分の足で立って歩いて行く。

 

 

 

 

 

その時に、「私はあなた達のことだけをこれからもずっと見ているよ」

って言うのどうなんかなって、今の私は思うんです。

 

 

 

 

 

もちろん、死ぬまで親子であることに変わりはないけど、

お母さんが自分自身の幸せの方も向いていることで、

子どもが自由になれる。自然と、子離れできるってこともあるんです。

 

 

 

 

 

特に、私みたいに子どもたちを溺愛気味の女性には、

「いつまでもぺったり寄り添ってるわけにはいかないんだよー」

心づもりをしておいてほしいなって思います。

 

 

 

 

 

出会いじゃなくても、何か自分が没頭できるような趣味が見つかれば

それでも良いと思いますよ(^^)

 

 

 

 

今から、ずっと先の自分のために・・・

生きがいを見つけておくんです。

 

 

 

 

私の知人は、離婚後にマラソンにはまって、あちこちの大会に

出かけていっています。すごく楽しそうにしてます。

 

 

それがご縁で、仲良くしている男性もいると

聞いたこともあります。

 

 

 

 

 

それから、野良猫の保護活動に参加して、

猫ちゃんのお世話に忙しく走り回ってる人もいますし・・・

 

 

 

 

 

もし、今「やってみたい!」「これを始めたらハマるかも?」

っていうことが思いつかないなら…

私は、出会い探しをお勧めします。

 

 

 

 

 

いや、今はまだ男性と親密になりたくないわ・・・って

離婚した後で傷付いて動けない人は無理しなくてもいいと思う。

ただ、人を好きになるって、自分の世界が広がることだと思うんです。

 

 

 

 

 

彼が好きなこと、考え方、日々の出来事・・・共有する楽しさ。

シングルマザー故の不安、悩みを相談できる男性がいる嬉しさ。

 

 

 

 

 

よく言われることですが、女性は悩みに共感し、

男性は解決策を考えます

 

 

 

 

 

人によっては、ただ聞いて欲しいだけで、アドバイスをされるのは

嫌!という女性ももいるのかもしれないけど・・・

 

 

 

 

 

 

私は、いろんな悩みを打ち明けた時、一生懸命一緒に考えてくれる

彼のことが大好きで、すっかり信頼して甘えています。

 

彼のアドバイスは、私には思いもつかない視点のことが多くて、

いつも驚かされるんです。

 

 

 

 

私のことを大事に思ってくれていることが、彼の言動から

いっぱい伝わってきて…悩んでいるのに幸せを感じたりして。

 

 

 

 

いつまで一緒にいられるのか・・・それは全然分からないけど

今この時は、私と彼はお互いを大好きで大切に思っている。

それでいいと思っています。

 

 

 

 

私の好きなPerfumeのライブに引っ張っていったり、

お芝居を観に行ったり・・・

彼の好きな野球観戦も絶対行こうね!って言ってます。

 

 

 

そうやって、好きな人の「好きなもの」も

自分の興味になったりします(^^)

 

 

 

 

いくつになっても、女性は恋をしていることがエネルギー。

元気でいられるし、若々しくきれいでいられる。

サプリなんかよりもずっと効果的です。

 

 

 

 

子どもが独り立ちするまでは、そんな浮ついたことできない!

なんて言わずに、もう一度恋愛の現役に戻ってみてください。

 

 

 

結婚するほど人を好きになれたあなたなら、

きっとまた人を好きになれる。

 

 

 

一度きりの人生、子育てだけじゃなくていろんなことで充実させましょ♪

 

 

私は、仕事して、子どもを育てて、

彼氏とも仲良くできています。すごく幸せです。

あなたも、諦めなくていいんですよー。欲張りになっちゃいましょう。

 

 

 

 

子どもが巣立って、空の巣症候群(笑)になったりする前に・・・

恋愛力をつけて行きましょう( ̄▽ ̄)

 

 

 

 

「アラフォー女性が出会うための超現実的な方法」

私たちはまだ輝ける♪ 編

一歩を踏み出そう(^^) 編

良かったら参考にしてくださいね。
 

 

「恋愛弱者」アラフォーシングルマザーの人生が・・・恋愛で変わった!


このブログの運営者のまなです。

私は30代で離婚→シングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。

元旦那はS級モラハラ男で離婚してからは男性不信の塊

「息子たちの成長だけが私の生きがい」状態に・・・(^_^;)



そんな私が今ではイケメン超年下彼氏もできて仕事もうまくいき

毎日が楽しくて幸せすぎて怖いぐらい(*´ω`*)



なんで普通のアラフォーシングルマザーの私が

こんなに変わることができたのでしょうか?


  【アラフォー再恋愛作戦 episode0】 ーもう恋愛なんて二度としないよー を読んでみる  

1週間で理想の彼氏候補を見つける!恋愛講座