こんにちは、まなです。

 

 

同世代女性の出会いと恋愛を応援する

ほんわかブログのはずが・・・

 

 

 

かなりディープな別の顔に

なってますが、ここまできたら

最後までお付き合いください(笑)

 

 

 

こんなしんどいことが有ったとしても

生きてれば幸せがまた巡ってくる

 

 

 

それを私が証明したいっていう

気持ちで書いてます。

 

 

 

別居→婚姻費用分担調停→面接交渉調停→離婚調停

と進み…(やたら漢字多いな(^_^;))

離婚裁判をすることになりました。

 

 

 

調停裁判はどちらも裁判所で行われますが

考え方が違います。

 

 

調停は、あくまで話し合いで、

当事者間での円満解決を目指します。

 

 

 

調停委員が男女1名ずつ、

それに裁判官が担当で付きます。

 

 

 

裁判は話し合いではなく、

訴訟を起こした内容について争うものです。

 

 

 

判決は、当事者が決めるのではなく、

裁判官が決めることになります。

 

(できるだけ和解が望ましい

という考え方はあります)

 

 

 

 

離婚事案の場合

いきなり裁判することはできず、

まずは調停不成立になることが条件です。

 

 

 

調停では「証拠」はたいして役には立ちません。

決めるのは当事者同士です。

 

 

 

非常識であろうが何であろうが、

「意見」を言うのは自由です。

 

 

 

ま、内容はどうあれ、

言いたいことお互い言えるのが

調停ですね(-_-;)

 

 

話す相手も、調停委員という

おっちゃんおばちゃんなので

緊張感もあまりありませんし。

 

 

 

裁判になると、さすがにそんな

フランクな感じではありません。

 

 

 

弁護士費用もたくさんかかります。

というか、裁判にかかる費用のほとんどが

弁護士費用です…(T_T)

 

 

 

調停の場合私本人が必ず出席していましたが、

(代理人でも良い)

裁判の場合は、出廷するのは本人尋問の1度だけでした。

 

 

 

それでも、離婚するまでに1年以上かかりました。

その間は…ひたすら膨大な量の陳述書類・資料作成や

証拠の整理と提出です。

 

 

 

弁護士同士は家裁でやり取りしていますが、

当事者はただただ書類と格闘する感じ。

 

 

 

と言えば、なんか楽そうに思えるかもしれません…

でも、1ヶ月に1度ぐらいのペースで届く

相手方からの書類が吐きそうになるほど不快で…

 

 

 

 

もうね、「はぁ?!」の連続です(苦笑)

嘘や捏造も平気で書いてくるし。

 

 

 

それでも子どもたちの父親なの?って

情けなくなりましたよ。

 

 

 

それをとりあえずは全部目を通して、

反論や主張をしっかり返していくのです。

 

 

 

時には反論がA4で30ページ以上に

なることもありました。

 

 

 

いくら、文章を書くことが好きな私でも、

かなり消耗しました。

 

 

 

しかも、感情は抜きで客観的な反論を

書かないといけませんからね。

 

 

 

本人尋問の際には、弁護士先生とリハーサルもやり、

会話の流れも覚えました。

(基本、先生が質問し、私が答えるという形式で進みます)

 

 

 

モラ夫への恐怖心も消えておらず、

本人尋問を不安に思う私に

先生は言ってくれました。

 

 

 

「まなさんは、何も心配することはない。

なぜなら、真実は一番強いからです。

大切なことは嘘をつかないこと。

 

嘘をつくと、あちこち辻褄が合わなくなって

論拠が崩れていきますから。」

 

 

 

先生の仰る通り、本人尋問の日に

モラ夫はボロを出しまくり、自滅しました。

やっぱり、真実は一番強かったです。

 

 

 

先生、めちゃくちゃかっこよかったです!

涙が止まりませんでした。

 

 

 

裁判官は完全に私の味方についてくださって

「慰謝料も取れるけどどうしますか?」

とまで言ってくれました。

 

 

 

守銭奴(笑)のモラ夫の性格を熟知している

弁護士先生とも話し合った結果。

 

 

 

慰謝料請求はあきらめて、

当日に和解離婚の道を選びました。

 

 

 

 

離婚できた日…帰りの駅で実家の皆に

報告しました。

 

 

 

駅前でケーキを買って帰って、

皆でお祝いしました。

あの日の清々しい気持ちは今も覚えています。

 

 

 

モラ夫のところを出てから、離婚できるまで

4年ぐらいかかりました。

 

 

 

「ずっと一人で子どもたちを生きがいにして

生きていく」

そういう覚悟で家を出てきました。

 

 

 

だから、離婚しても数年間は男性不信の

かたまりみたいなもんで・・・(笑)

 

 

 

そんな私が、いろんな出来事があって

恋活・マッチングサイトでたくさんの

出会いを体験しました。

 

 

今は迷いなく「幸せです!」

と言えます。まさか、この歳で

こんな人生が私に続いてると思ってなかった。

 

 

 

悩みがあっても、不安があっても

それに押しつぶされることのない自分に

なることができました。

 

 

 

掛け値なしに好きでいてくれる彼氏とも

一緒にいます。

 

 

そして、私も掛け値なしで彼のことを

好きでいたい、と思っています。

 

 

 

 

マジキチな元夫と別れられた、それだけで

私は十分幸せだと思っていた。

 

 

 

そんな私があるきっかけで

もっともっと幸せになれて

 

縁があった人に

幸せになるきっかけをシェアできるなんて・・・

 

 

こんな想定外の人生ですが

めっちゃ楽しいです。

 

 

「アラフォー女性が出会いを見つける超現実的な方法」

一歩を踏み出そう(^^)

 

 

今までの私のいろんな経験から、

アラフォー女性の出会いガイドを

まとめてみました。

 

 

 

私とご縁がある人達が皆幸せになれるように

情報をシェアしていきたいと思います。

------------------------------------------------------------------------

30過ぎて離婚してシングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。
離婚するのにとても苦労し、離婚後何年も男性不信でした。




「ずっと一人で生きていく!」



と決めていた私が、ひょんなことからネットで出会いを探して
そして素敵な彼と出会って・・・




このブログでは私と同じような、出会いを見つけるのがなかなか難しいアラフォー女性に向けて・・・
素敵な男性と出会い幸せになるための方法を発信しています。




一人でも多くのアラフォー独身女性に幸せをシェアしたい!(^^)




40代でバツイチ子持ちの「恋愛弱者」の私が
どのようにして彼氏を作ったのか?
「アラフォー女性の出会い方」を教えます!