こんにちは、まなです。

 

前回、うちのモラ夫がどんな人だったか

お話しました。

 

 

 

今回は、モラ夫を私が「捨てたった」

きっかけをお話ししようと思います。

 

 

 

私は、とても悩んでいました。

夫がモラハラをしているんだということは

わかったものの・・・

 

具体的にどう動いていいのかが

全然わからず。

 

 

 

ただ、夫に内緒で受診した心療内科の先生に

こう言われました。

 

「あなたの症状は完全に夫が原因です。

あなた自身に問題があって

起こっているわけではありません。

 

一時的にでもいいので、物理的に

夫と離れることはできませんか?」

 

 

要するに、夫と物理的に離れてしまえば

解決するんだってことです。

 

 

 

こう言われた私は、

別居を考えるようになっていました。

 

 

 

でも…いろいろと不安があって

まだ行動に移すことはできませんでした。

 

 

 

そんな時、ある事件が起こりました。

共通の友人が家を買ったという話の流れから

夫の預金通帳の残高を見せてもらうと…

 

 

 

そこには、100万以上のクレジットカードの

引き落とし金額がいくつも並んでいました。

 

 

 

大体、額は130~150万ぐらい。

複数のカードが使われていました。

 

 

 

驚いて話を聞くと

「株を購入する資金を

カードのキャッシングで支払っている」

と平然と言われました。

 

 

 

複数のカードを使っているのは、

自転車操業するため。

 

 

つまり、

1.A社のカードでキャッシングし、株購入する。

2.A社のカードの引き落しに間に合うようにB社でキャッシングする。

3.B社のカードの引き落としに間に合うようにC社でキャッシングする。

(以下略)

ってことです。

 

 

 

皆さんお気付きの通り。

本当の意味ではこれは代金を支払っているとは

言えません。

 

ただ先延ばしにしているだけ。

 

 

 

 

だから、どんどん支払金額が利息を生んで

雪だるま式に増えていきます

((((;゚Д゚))))ガクガクブルブル

 

 

 

私は、呆れたというか愕然としました。

素人の私でも愚行だと分かるようなことを

金融のプロである夫がしていることが

全く理解できませんでした。

 

 

 

そして、夫はこうも言い放ちました。

「俺が稼いだ俺の金だ!なんでいちいちお前に

文句つけられないといけないんだよ?(笑)

 

100万単位の金なんて、

はした金だからいつでも返せる、

ゴタゴタ言うなよタダ飯喰らいが」

 

 

 

私がその時にイメージしたのは、昔話でした。

カチカチ山の、悪だぬきが乗った泥の船

 

 

私は、この人と泥の船に乗っていてはいけない。

一緒に湖の底に沈んではいけない。

何故かそんなイメージが湧きました。

 

 

 

この人と一緒にいて、私は幸せ?

いや、幸せじゃないし、

幸せになんてなれる気も全くしないわ!!(# ゚Д゚)

 

 

 

そこから、私は泥の船脱出計画

練ることにしました。

 

 

 

 

あらゆる支払いの明細や、レシートを集めました。

株取引・銀行口座もチェックしました。

 

 

 

 

ボイスレコーダーを買って、夫の暴言も録音しました。

もともと日記は書いていたのですが、

夫の言動を記録することにしました。

(これらの証拠があとあととても役に立ちました)

 

 

 

学校と幼稚園が冬休みに入った時、私はいつものように

実家に子どもたちを連れて帰りました。

 

 

 

 

いつもと違ったのは…

ランドセルや洋服、当面必要なものを

荷造りして実家に送ったこと。

もう戻らないつもりで。

 

 

 

冬休みが過ぎ、新年には転校手続きを済ませました。

そして、夫にはメールでこう伝えました。

 

 

 

「何度話し合おうとしても、話し合いにならないあなたと

これ以上一緒にいられません。このまま実家に残って別居します。」

 

 

 

夫は矢継ぎ早に電話やメールをしてきました。

「お前、自分が何を言ってるのかわかってるのか」

 

「子どもたちが学校や幼稚園を替わるんだぞ?

お前母親だろ、かわいそうだと思わないのか」

 

「一切生活費は送らないからそのつもりで」

 

「一人で生きていけると思ってるのか?(笑)

10年以上も専業主婦だった能のないお前に」

 

 

・・・思い出すだけで

ムカついてきました(# ゚Д゚)

 

 

 

今だから夫の言っていることを

「馬鹿なの?(笑)」

って思えるけど、当時は違いました。

 

 

 

しばらく、携帯電話が怖くて仕方ありませんでした。

 

でも、着信拒否にしたら実家に

乗り込んでこられるのが怖くて

拒否もできませんでした。

 

 

 

 

モラ毒に冒されていたからです。

「三食昼寝付きのお気楽専業主婦」

「夫の給料をもらって、養ってもらうしか能がない」

「専業主婦が長すぎて、社会復帰なんてできない」

こんな言葉で常に洗脳されてきた。

 

私は精神的には召使いか奴隷みたいなもんでした。

 

 

 

ほんと、モラ夫恐るべし。

もう少し脱出が遅かったら、

私は精神的に殺されていたと思います。

 

 

 

今、こうして元気で幸せに暮らせていることは、

モラ夫を「捨てた」おかげなんです。

決断してよかった…

 

 

 

【離婚物語第3話】へ

 

【離婚物語第1話】へ戻る

 

------------------------------------------------------------------------

30過ぎて離婚してシングルマザーとして二人の息子を抱えて頑張ってきました。
離婚するのにとても苦労し、離婚後何年も男性不信でした。




「ずっと一人で生きていく!」



と決めていた私が、ひょんなことからネットで出会いを探して
そして素敵な彼と出会って・・・




このブログでは私と同じような、出会いを見つけるのがなかなか難しいアラフォー女性に向けて・・・
素敵な男性と出会い幸せになるための方法を発信しています。




一人でも多くのアラフォー独身女性に幸せをシェアしたい!(^^)




40代でバツイチ子持ちの「恋愛弱者」の私が
どのようにして彼氏を作ったのか?
「アラフォー女性の出会い方」を教えます!